Wi-Certではあいち無料公衆無線LAN推進協議会と連携し、2017年11月より愛知県内の自治体、整備事業者等のご協力のもと、実際に利用者が認証連携を使用できる形でのフィールドトライアルを実施してきました。
本トライアルでは愛知県内の7つの自治体の整備する無料公衆無線LANサービスエリアにおいてWi-Certの策定する認証連携の仕様(Web-API方式)を実装し、複数の対応アプリから初回登録のみで、整備事業者の違いをこえてシームレスに利用できる環境を構築し、2018年度末までをトライアル期間として運用してきました。
このたび、2019年3月26日に愛知県で実施されたあいち無料公衆無線LAN推進協議会の年次の全体会議において、一元的な利用手続き、地域を跨ぐ利用、防災や観光促進など自治体の取り組みとの融和など、本トライアルを通じて、得られた知見、実績について、2018年度における協議会の取り組み成果の一部として報告を実施いたしました。
本報告は協議会のホームページにおいて公開され、以下よりご参照いただけます。

あいち無料公衆無線LAN推進協議会(愛知県)
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/joho/0000085106.html

→ 平成30年度 協議会 平成31年3月26日
→ 認証連携フィールドトライアル成果報告

実施イメージ 利用実態

左: 認証連携フィールドトライアル実施イメージ(愛知県様プレスリリース抜粋)
右: 成果報告イメージ(報告資料抜粋)

本トライアルの成果をふまえ、2019年度の協議会の取組予定においても認証連携の拡大が挙げられており、一部自治体においてはトライアルから本運用に移行するとともに新たな自治体による活用も開始されています。愛知県においては県内におけるラグビーワールドカップの試合開催の予定等を背景として国内外からの来訪客への無料公衆無線LANの利便向上が期待されていることから、地域の自治体、整備事業者と連携をとりつつ、無料公衆無線LANの利便性向上、利用促進を引き続き支援してまいります。

(ご参考)

愛知県においてWeb-APIによる認証連携フィールドトライアルが開始されます。
http://www.wlan-authmng.or.jp/?p=404

愛知県における認証連携の取り組みが東海情報通信懇談会会長より表彰を受けました。
http://www.wlan-authmng.or.jp/?p=438